XPort評価基板(XPortハンダ実装済の旧基板)のDIPスイッチ等の説明


 XPort評価キット基板(XPortがハンダ実装されている旧基板)のDIPスイッチ等の説明です。

(1)SW1の設定について

・汎用I/Oを「LED/IN/OUT」として使う場合

1 2 3 4 5 6
OFF  ON ON ON/OFF ON OFF


・汎用I/Oを「ハードウェアフロー制御(RTS/CTS)」として使う場合

1 2 3 4 5 6
OFF OFF ON ON OFF OFF


・汎用I/Oを「モデム制御信号(CD/DTR)」として使う場合

1 2 3 4 5 6
OFF ON OFF OFF OFF OFF



(2)JP4設定ピンの配置について


評価基板にはPLD(Logicプログラム可能なIC)が載っており、LED点灯回路等に使用しています。
例えばシリアルでデータ通信があった場合、評価ボードのLEDが大きく点滅しますがこれはPLDが行っています。
つまり評価ボード用としては意味がありますが、お客様の回路ではPLDは不要です。

評価ボード回路図は www.lantronix.com  のsupportにある英語FAQのID849にあります。

最終更新:
2010-04-07 16:37
改訂:
1.2
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.