電源に関する注意事項


PremierWave EN用の電源部を作成される場合の注意点を記載します。

1)電源について
インテグレーションガイド P21"Power Supply Requirements"を
ご覧下さい。
http://www.lantronix.com/pdf/PremierWave-EN_IG.pdf

突入電流は、電源起動時間、電圧低下時の電圧の再起動への影響
バイパスコンデンサなどの説明があります。

説明の中に 電源OFF時は一旦0.5V以下まで電圧を下げないと正常に起動しない

事を説明しております。2016年2月時点の説明ではこの時間が明記してありません。

メーカーから「 Min100mSec 」と連絡があり、ここに補足します。


2) 評価基板ユーザーガイド(英文)
 (評価基板の設定プラグ等の解説、回路図を掲載しています)
 http://www.lantronix.com/pdf/PremierWave_EvalBoard_UG.pdf


3)コイル部品について
上記評価基板回路図 P24(3/8)に9-20Vから3.3Vを生成する
レギュレータ回路、P23(2/8)にPremierWave ENに3.3Vを
入力する回路が記載されています。
回路図上のコイル部品(記号L)について解説致します。
P24(3/8)のL1は電源用コイル部品、
 P23(2/8)のL15は、チップフェライトビーズ(EMIフィルタ)です。
 (村田製作所 型番:BLM18EG221SN1)
 L15位置に電源用コイル部品を使いますと電源ON時にオーバーシュートが
 発生しPremierWave ENに過度の電圧がかかりますのでご注意の程
 お願いします。

最終更新:
2016-02-05 13:21
改訂:
1.3
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.