xPicoのシリアルRS485信号について


xPicoのシリアルch1ではRS485機能を使用する事が 出来ます。

Ch1 RTS信号  ・・・ RS485 2wire設定時に送信Enable信号として機能します。

 

GPIO定義のRS485関連設定

 RS485 Select信号と RS485 2-wire信号の役割

  RS485ドライバ/レシーバの選択信号として使用出来ます。

 Serial Settingsの定義とGPIOとの関連

 -----------------------------------------------

 Active level=Lowの場合の動作

 RS232C設定時     :RS485 Select=H RS485 2-wire=H

 RS485 4wire設定時:RS485 Select=L RS485 2-wire=H

 RS485 2wire設定時:RS485 Select=L RS485 2-wire=L

 -----------------------------------------------

 注1:Active level=Highの場合は逆になります。

 注2:RS485 2wireではマルチドロップ機能を使用出来ますが、

    4wireでは出来ませんのでご注意をお願い致します。

 

申し訳ありませんが、xPico評価基板(XPC100100K-02)はRS485機能に支障があり、RS485ご使用の際はxPico Wi-Fiコネクタ版用基板(XPW100100K-01)をご利用お願い致します。

最終更新:
2015-04-17 14:42
改訂:
1.3
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.