S

  • Spiderの特徴とは?
    ◇商品解説ビデオはこちらのサイトからご覧いただけます。 ◇SecureLink SpiderにはUSBのみのモデルとPS/2が追加されるモデルの2種類があります。  どちらのモデルもUSBを備えてるため、USBに関する機能はどちらの機種でも使用することが可能です。 ◇リモートのOSがUSBにさえ対応していれば、USBキーボードとUSBマウスとして動作します。  特にUSBマウスは、手元のカーソルとリモートのカーソルの誤差がなく、快適に操作できます。 ◇リモート端末のBIOSがUSBキーボードに対応できないような古い規格の場合には PS/2モデル を推奨します。 ◇Spiderの電力供給は、2本のUSBやPS/2から行うため、外部電源が不要です。  もし電力供給が足りないPCの場合、オプションでACアダプタもご用意させていただいております。 ◇片手に乗るサイズで185gと軽いため、機器の隙間、壁や柱への貼り付けやフック吊り下げ等、設置場所を選びません。 ◇通常のイーサネットポートの他に、ネットワークをカスケードするためのポートがあり、  Spider同士を連結することで設置台数が増えてもハブの追加が不要です。(最大16台連結)  ただし、リモート端末からの電源の供給が止まりSpiderの電源が切れた場合、遠隔操作が出来なくなります。  更に、カスケードの中間に存在するSpiderが止まると、その後に接続するSpiderのネットワークが断線します。  これは別売りの電源アダプタで対策可能です。 ◇「USBバーチャルメディア機能」を搭載しています。  リモート端末に、USBドライブ類を接続するような操作間隔で、ソフトウェアのインストールやメンテナンスが可能となります。  KVMコンソール上で、ローカルのドライブを、リモートにマウントさせる、リダイレクト機能(読み書き可)でUSBドライブとして扱えます。  DVDやCDのISOイメージファイルを用意することで、仮想USB光学ドライブ(読み込み)が実現可能です。  BIOSレベルで、光学ドライブを認識し、CDブートが可能であれば、OSのインストールや、メンテナンスツールの起動も可能です。  Linuxで用いられるフロッピーディスクイメージファイルを、仮想USBフロッピーディスクドライブ(読み書き可)として認識できます。    ...
  • Spiderの使用用途は?
    Spiderが対象とする分野は、離れた場所(例えばサーバルームや工場のライン)に設置(単体、或いは複数台)されているコンピュータ(リモート端末)を遠隔操作による管理や制御を目的としたものです。 例えば、データセンターに設置されたサーバやルータなどを監視するため、あるいはATM、券売機、Kiosk端末などに利用が可能です。 ...
  • SPI機能の使用例
    標準ファームウェアをそのまま使用してのSPI動作を案内致します。ソフトウェア開発キット(SDK)を使用する方法もありますが、ここでは標準ファームウェアでの事例を説明致します。 1)各信号線の設定  xPico Wi-Fiの設定画面を開き[CPM]に入ります。  [Roles]->[Configuration]と押し、[Role SPI.CS]の[Edit]を押し、 [Enable]を設定します。 他のSPI信号も自動で[Enable]となります。 2)SPI設定  [SPI 1]->[Configuration]を押していただきSPIのStateを [Enable]に設定します。 3)Monitor設定  [Monitor]->[Explorer]を押していただきまして、SPIデバイスに 出力するコマンドを設定します。  [Step 1]は最初だけ出る初期化コマンドで必要ならばここで設定します。 [Next]を押します。  [Step 2]はSPIに周期的に出すコマンドですのでここで例えば [Message 1]にget などコマンドを入力し[Length]に 3 と設定します。  (バイナリ指定する場合は[0x8F]などと設定します) [Delay]欄はコマンド送信周期です。 4)SPI動作  以上の設定でCP7にSPIクロックが出力され、CP8のCSが周期作動し、 CP4からコマンドが出力されます。 5)SPIデバイスからのレスポンス SPIデバイスからのレスポンスがある場合は例えばコマンドの後に[0x00]を 連続して付け、[Length]を長くします。そうしますとレスポンスはコマンド 発効後も出ているクロックに連動してCP3に入力されます。  受信したSPIデバイスからのレスポンスはブラウザ上に出ます。 [Refresh]ボタンを押しますと、その内容が同画面下の箱に表示されます。 ...
  • SpiderDuo PS/2モデルのUSBについて
    SpiderDuo PS/2モデルでは、当然PCに接続するためのPS2コネクタが2個付いております。 PS2コネクタに追加して、PCのUSBに接続するためのUSBコネクタも付いております。   このUSBは、仮想ドライブを使用する必要があるために付いて いるのですが、 このUSBコネクタにおいてもキーボード/マウス複合デバイスが使用可能です。 (PC側にUSB複合デバイスを認識する機能が無いと使用できませんのでご了承願います)   よってSpiderDuo PS/2モデルはUSBモデルの機能を含有 している事になりますが、 しかし、PS2モデルの場合、ローカルUSBキーボード、マウス用のUSB受け口は ありませんことをご了承願いします。 ローカルUSBキーボード、マウスはPCの他のUSBポートに接続お願いします。 以上よろしくお願い致します。 ...
  • SpiderViewについて
    Spider、SpiderDuo用のWindowsユーティリティ「SpiderView」の情報を記載します ・本ソフトウェアでは2016年現在、[secure]接続が使用出来ません。  SpiderViewではSSLv3が使用されておりますが、Spiderファームウェアでは  SSLv3接続を止めております。[secure]接続を行う場合はブラウザからhttps:  接続をご使用下さい。   ・本ソフトウェアは既知の問題として日本語入力に問題があります。  具体的にはキーのIME操作関係が通じません。   ・本ソフトウェアは対応Windows情報の提示がありません。  2016年11月確認でメーカーからWindows10でも使用出来ることを確認済みと  連絡が来ております。  また、SpiderViewは各Windowsの「Home Edition」では動作しません。  Pro 以上をご使用お願いします。   ・本ソフトウェア内の起動オプションの説明でSpiderView内にガイダンスが表示され、  ここで詳細はドキュメントをお読み下さい と表示されますが、  実際のドキュメントには該当説明はありません。これも既知の問題  ですが、今のところ更新予はありません事をご了承お願い致します。   ...
  • SGX5150について
    SGX5150は、コンパクトサイズ(11cm×8.9cm×2.6cm)のWi-Fi IoTデバイスゲートウェイで 2.4GHzに加え5GHz(802.11ac)Wi-Fi搭載により高速無線通信を可能とし、エンタープライズレベルのセキュリティも搭載しています。シリアル、USB、イーサネットと様々なインタフェース構成のモデルがあり、お客様の環境に合わせて、すぐにご使用いただけます。また、ソフトウェアアクセスポイントおよびWi-Fiダイレクト (Wi-Fi Direct) 機能を搭載しており、アクセスポイントなしで端末から直接接続することができます。 ...
  • SGX5150への給電方法について
    SGX5150への給電方法について ①USB用ACアダプタで付属USBケーブル(上記USB Cable Type A to C)を使用して給電 ②オプションの12V ACアダプタ(520-154-R)を使用してSGX5150の丸コネクタから給電 ③PoE有タイプの場合、PoEハブからSGX5150へ給電   注意点があります。②または③の給電で稼働させ、USB設定において、 「USB Host」という設定に変更してある場合、SGX5150のUSBは ホストモードとなり、SGX5150からUSBデバイスに給電する側となります。ご注意ください。 ...