NTPサーバからの時刻取得


xPico200シリーズは出荷設定で、NTPサーバにアクセスして時刻を確認する
設定が入ってます。LAN環境下で電源を入れますと自動的に時刻を取得します。

xPico200シリーズは出荷設定でCLI(コマンドライン・インターフェース)が
稼働します。
xPico200シリーズにシリアル接続したマイコンを
9600bps、data8、No-parity、Stopbit1に設定して情報取得します。

------------------------------------------------------
XPort EDGEは起動時にCLIのプロンプトを出します。

Command Line started.
>

マイコンからstatusコマンドを発行

status>

マイコンからNTPコマンドを発行

status NTP>

マイコンからsyncコマンドを発行

Current time is now: 2020-08-06 02:57:22
(注:グリニッジ標準時間です)

status NTP>

------------------------------------------------------

なお、NTPサーバの設定済ドメイン名は「pool.ntp.org」ですが、
お客様システムの都合に合わせて変更も可能です。
上の続きの場合 マイコンからexitコマンドを発行して開始点に戻る

Command Line started.
>

マイコンからconfigコマンドを発行

config>

マイコンからNTPコマンドを発行

config NTP>

マイコンからshowコマンドを発行して現在設定値を確認(省略可)

config NTP>show
NTP Configuration:
Server Hostname: pool.ntp.org
Sync Time : 8 hours

マイコンから Server Hostname <value> コマンドを発行して設定変更

Server Hostname 162.159.200.123  (IPアドレス設定事例)

マイコンから wtiteコマンドを発行して設定変更を保存

再度 status NTP> に移行して時刻取得

------------------------------------------------------

CLIとシリアルLAN変換の両方をご使用される場合は、別項説明のMux設定で
行き来が出来ます。 

最終更新:
2020-08-06 15:30
改訂:
1.1
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.