シリアルからLANへ変換するパケット生成タイミングの設定について


パケット生成タイミング設定は製品系により異なります。

1.XPort03-05R,xPico,WiPort,WiPortNR,XPortDirect+,UDS1100,UDS2100,WiBoxの場合

 (1) Idle Gap Time設定
  デバイスサーバがシリアル受信している状況において、データが途絶えた時間が
  設定時間を越えるとLAN側からパケット送出する機能です。

 (2) Send Character 1、2
  パケット終端区切り判定に使用するbyteデータを指定出来ます。
 1byte長データを2件設定出来ます。Send Character自体もLAN側へ出力されます。

 (3) 2-byte Send Character Sequence
  上記Send Character1、2を一つのWordデータとして区切りに使う場合 
  に有効にします。 Send Character自体もLAN側へ出力されます。

 (4) Trailing Characters
  区切りByte、Wordの後にさらに無条件で付けるシリアル受信データ数
  を指定出来ます。 例えば区切りの後にチェックサムがある場合に使用します。
  1byteまたは2byteを指定出来ます。

(Trailing : あとに続くの意味。車の「トレーラー」は日本語になっています)


2.XPortPro,XPortAR,MatchPortAR,MatchPort b/g Pro,EDS4100,EDS8/16/32

 (1)パケット長指定
  パケット長を指定出来ます。100byte以上の場合 指定可能です。

 (2)Send Character
  パケット終端区切り判定に使用するbyteデータを指定出来ます。
 Send Character自体もLAN側へ出力されます。

 (3)Trailing Character
  区切りByteの後に加えるデータを定義出来ます。
  本機能は、シリアルからのデータに無い「byteを加える」という意味で
  CRを最後に付けるなどが可能です。


3.ご注意
  データのパケットの区切りですが、送信側はどこで区切ってもよい事になっています。
  LAN上の再送などで上記の区切り通り送信されない事もあります。

  受信側アプリケーションはパケットの区切りがどこで入っても対応可能にして
  いただきます様お願いします。

最終更新:
2020-08-06 15:03
改訂:
1.10
評価点数: 4 (2 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

このカテゴリー内のレコード

タグ