シリアルのブレーク(Break)信号について


ブレーク(Break)はデータ信号線を100m秒~数秒程度、0 状態にするものです

LAN側からの制御でシリアル側にブレーク(Break)を送出する方法を説明します。
以下に送出方法を説明します。
ご確認の際は最新ファームウェアにてご確認下さい。

1)XPort04R/03R/05R、xPico、UDS1100、UDS2100、WiPort、WiPortNR、WiBox、XPortDirect+

  [Connection]設定において[Telnet Contol]をEnableに設定します。
  Teratermにおきまして、TCP接続でTelnet接続を行います。
  接続後、プルダウンメニューにて「ブレーク送信」を選びますと
 シリアル側からブレーク(Break)が送出されます。
 この時、LAN側では制御コード0xFF、0xF3が流れています。

 LANTRONIX社FAQ ID:1522 も併せてご覧下さい。

  RS232C設定時のみ有効です。


2)PremierWaveEN、XPortPro、EDS1100、EDS2100、
 XPortAR、MatchPortAR、MarchPort b/g Pro

  各標準ファームウェアでのBreak送出方法については
  英文UserGuideに説明があります。

  RS232C設定時のみ有効です。


3)汎用IOを使える組み込み製品の場合
 上記方法はバイナリ通信時は基本的に使えません。
  またRS485で本件に似た事をしたい場合も使えません。

 この場合、汎用IOを併用する事が考えられます。
 汎用IOを出力/ActiveLowに設定しシリアル出力信号と
 ANDとすれば、汎用IOをLANから操作する事でブレーク信号を
  出せる事になります。

最終更新:
2015-07-03 17:09
改訂:
1.2
評価点数: 1 (1 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

このカテゴリー内のレコード

タグ