デバイスサーバに設定するIPアドレスを決定する場合の注意点


デバイスサーバにIPアドレスを設定する場合、下記からお選び下さい。

(1) プライベートIPアドレス(内部のネットワークアドレスとして自由に利用できる)
  クラスC 192.168.0.1~192.168.255.254 サブネットマスク 255.255.255.0
  クラスB 172.16.0.1~172.31.255.254 サブネットマスク 255.255.0.0
  クラスA 10.0.0.1~10.255.255.254 サブネットマスク 255.0.0.0
   
 

※小規模ネットワークではクラスCをご使用下さい。


(2) お客様が使用権限を所持しておられるIPアドレス

その他注意事項
・固定IPアドレスの場合、最初の数字は「1~223」までの範囲が設定可能です。
・自身のIPアドレスにはブロードキャストアドレス「255.255.255.255」は使用できません。
・ホスト部が全て「0」はオール0ブロードキャスト、若しくは全て「1」の値はディレクテッド・ブロードキャストとして予約済みであるため、使用できません。
・第4オクテット目に「0」と「255」は設定出来ません。
・アドレス変換されたルータの内側は多くの場合プライベートIPアドレスが与えられています。
 ここにおいてデバイスサーバにグローバルIPアドレスを与えても外部からデバイスサーバとは通信出来ません。
・ご使用のネットワークで使用可能なIPアドレスを与えて下さい。

最終更新:
2008-07-07 12:29
改訂:
1.2
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

このカテゴリー内のレコード

タグ