XPort05R/04R/03RからXPortProへの置換え時の注意


XPort05R/04R/03RからXPortProへの置換え時の注意

1.ハードウェア関連項
1)LED
XPortProのLEDは左は緑、右は橙となっています。
XPort05R/04R/03Rは緑/橙の2色LEDを使用しておりましたが、
XPortProからは単色LEDに変更しております。
10BASE-T、100BASE-Tに関わらずLAN接続時に左緑が点灯します。
Full Duplex、Hulf Duplexに関わらず通信時に右橙が点灯します。
LANケーブル非挿入時の電源ON時に前面LEDが点く事はありません。
(XPort05R/04R/03Rと異なりますのでご注意下さい)
2)シリアル送信信号にプルアップ要 XPortPro Pin4 Serial Out ピンを3.3V 10kΩでプルアップお願い します。これは起動過程でPin4がHi impedance出力となるためです。 (XPort評価基板XP10010NMK-01でも10kΩでプルアップしております) 本プルアップ処理はXPort05R/04R/03Rでは不要ですが、XPortProでは必要です。 (本件はLANTRONIX社英語FAQのID1596を基にしています) 3)起動時のCP1動作 XPortPro Pin6 汎用IOの CP1 信号は起動時、ハードウェア動作としてLow出力し ます。 ソフトウェアで汎用IOが初期化されるまではLowを出力していますので XPortPro搭載基板を作成される方はご注意をお願いします。 (XPort05R/04R/XPort03Rは起動時に汎用IOを出力にしません) 4)VIHの範囲 シリアル入力、汎用IO Inputは、5Vトレラントではありません。 入力上限3.3Vまでです。(VIH MAX=3.3V) (XPort05R/04R/03Rと異なりますのでご注意下さい) 抵抗3個を直列とし、5Vロジック出力の2/3分圧を採ると3.3Vロジックの入力とな ります。 (5Vマイコンの出力をXPortProに入力する場合の、あくまでご参考です)
5)VOHの範囲 シリアル出力、汎用IO Outputは、出力の電圧保障レベルが高くなり、 改良されております。(VOH MINの電圧が少し高くなっています) 詳しくはInteguration Guide P12をご覧下さい。 http://www.lantronix.com/pdf/XPort-Pro_IG.pdf
6)消費電流 消費電流はTyp225mAです。これは XPort03RやXPort04Rの48MHz/100BASE時 Typ190mAと遜色ありませんが少し多い点はご注意お願いします。。 詳しくはInteguration Guide P12をご覧下さい。 ------------------------------------------------------------------------ 2.Evolution版ファームウェア関連項 日本語説明:
https://www.co-nss.co.jp/member/p-lan/manual/Evolution-setup-jp.pdf 1)RFC2217 発売開始時点のXPortPro EvolutionファームウェアはVer5.0.0.0R14で、 CPR(COMポートリダイレクタ)のRFC2217機能は非対応です。 (RFC2217とは周 辺信号制御の事です) 2)ログイン名、パスワード Evolutionファームウェアではブラウザ設定画面WebManagerに入る場合、 [ ユーザー名: admin ] [ パスワード : PASS ] の入力が必要となります。 パスワードは出荷設定の場合PASSですが、ユーザが変更出来ます。 (XPort05R/04R/03Rでは出荷設定時ではユーザー名パスワードは入力不要です) 3)シリアル速度設定 XPortPro のEvolutionファームウェアでのシリアル速度範囲は、XPort05R/04R/03R と同じ300~921600bpsですが、XPortProは460800bpsがありません。 Customで半端なシリアル速度が設定可能ですが460800bpsは誤差が大きくなり使 用出来ません。 4)Packing Control XPort03RやXPort04Rでは、シリアル->LAN変換のタイミングを決めるPacking Controlで Idile Gap Time(データ無し時間を診てパッキングする)機能がありますが、 Evolutionでは これは無く、Evolutionではデータの区切りとして別の方法を使います。 多くの用途では、一件のデータ長が固定で決まっている場合が多いです。よって、 Evolutionではパケットのデータ長の設定機能が付いています。 Threshold という機能です。100byte以上について1パケットのbyte数を指定可能 です。
最終更新:
2014-02-17 09:10
改訂:
1.23
評価点数: 1 (1 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.