ファームウェア Ver 2.0.0.0 から Ver 3.2.0.1 R7 の変更点


ファームウェアVer3.2.0.1R7は、Rev C12のXPortARより標準搭載されます。
2007年10月現在、XPortAR用ファームウェアVer3.2.0.1R7がLANTRONIX社サイトからダウンロード可能となっています。

変更内容は以下の通りです。

(1) WebManagerがAjaxに対応。
(2) ファームウェアイメージは圧縮されている。
(3) プロトコル項目がシリアルポート設定内に含まれた。
(4) リングの接続あるいは切断をトリガにしてE-mailを送信できる。
(5) リング接続時に用いる認証パスワードを設定できる。
(6) ログエンジンを改良した。
(7) Syslog機能が追加された。
(8) baudrateが19200bpsより大きい場合、ソフトウェアフロー制御設定を行うと警告メッセージが表示される。
(9) WindowsのFTFクライアントにある「mdel」コマンドが機能するようになった。
(10) 「CP Groups」設定での一部設定が反映されないバグを修正。
(これは中間バージョン2.5にあったバグ。2.0.0.0も問題では無い)

Rev A11のXPortARではファームウェア2.0.0.0が搭載されていますが、これをバージョンアップする場合は、デバイスインストーラー4.1.0.9以降でシリアル・リカバリを「Flashメモリクリア有り」で実施下さい。

最終更新:
2008-03-24 16:33
改訂:
1.0
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.